100均で出来る手作りインテリアの参考例まとめ

参考にしたい格安DIYやプロ級に本格的なインテリアの作り方の記事集です
ハンドメイド・手芸・小物作りなどライフをより楽しむための、上手な作り方&アイデアをファイリングしてゆきます
2018/03/20

バレットジャーナルのやり方・作り方/自分だけのオリジナルノート

2017年の現在においてバレットジャーナルはもう世界的に大ヒットしていて、世界中で自分のオリジナルノートを公開しています。デジタルプロダクトデザイナーであるRyder Carrollさんが、そのアイデア帳として2013年にwebで公開したのが始まりのようです。流行るのも無理ない、このオシャレさ。ただの自作のノートではない感じ。真似したくなる機能があり、装飾があります。イラストやマステを使って可愛く彩ったりととにかく楽しそうなのです。スケジュール帳のみならぬ、自分の好きな項目を切り分けて、目標管理や家計簿などいろんな使い方をしている例をスナップしました。

Bullet Journal(バレットジャーナル)とは?

海外で話題の「Bullet Journal(バレットジャーナル)」は、スケジュールやTo Do、日記など、自分に必要なものをすべて一冊で管理できてしまう手帳術です。
やり方さえわかれば、あとは自由にアレンジして自分に合った1冊に◎
それでは、さっそくやり方を紹介します。

~ やり方 ~

How to Bullet Journal

英語ですが、動画を見るとだいたい理解できると思います。

①1ページ目にindex(もくじ)と書き込みます。

後ほど、どこに何があるかわかるようにページを記入していくので、2~3ページほどindex用に確保しておくと良いでしょう。

②KEY(記号)を決める

バレットジャーナルで使用するKEY(記号、アイコン)を決めていきます。
オリジナルのアイコンを作れるのも手書きの良さ◎

もともと海外で生まれたので、英語で紹介されているものが多いですが、以下は日本語に訳してあるものです。

2.ウィークリー

手書き文字やイラストを入れるとグッとオシャレに♪

家事のチェックリストや献立のアイディアを書いたり、主婦の方におすすめの使い方。

時間軸を書いてバーチカルに。

4.Future Log

数ヶ月先の予定もこれなら一目瞭然。
色分けしてあるとさらに見やすいです◎

5.TRACKER(トラッカー)

続けたいもの、もしくはやめようと思っていることを続けられたか、確認できるものです。

6.Meal Log

7.GOALS(目標)

目標を設定し、達成するごとに、グラフに色を塗っていくことで、達成度が見える化できモチベーションにもつながります。
ダイエットや勉強など、様々な目標に応用できそうですね◎

8.スキルコレクション

いかがでしたでしょうか?自分好みにカスタマイズしていけるのがバレットジャーナルの良さの一つです。これらを参考に、お気に入りのバレットジャーナルを作ってみてください♪